患者会「松樹会」の活動内容

ボタン

患者家族との一体感 

 
  病気と闘いながら時に不安になってしまう方や、常に疲れと不安の中で介護に あたっている家族にとって、「同じように頑張っている仲間がいる」というだけ で 励みになることがあります。
 在宅ケアを支援するさまざまなサービスがあるという情報を共有し、一緒に明 るく闘病生活をしていきましょう。
 当院が患者の会(患者及びその家族で構成)をつくったのは少しでも皆様が前 向きになれるようにと願ってのことです。手先や身体を楽しく動かすことによっ て脳の循環もよくなり、気持ちも明るくなります。笑うことによって免疫も高ま ると言われています。
皆様と医療関係者とが、一体感をもって 闘病に臨めば、もっと精神的にも安定が 得られるかもしれません。「患者さんの"そば"にいる医療」をこれからも心掛け ていきたいと思います。
 
ボタン
活発な患者会活動  
会員数   約250名
(会費は特にありません、いろんな行事毎に実費をいただきます)
『病気や治療についての勉強会』(年4回以上)
・糖尿病教室及び料理会
・心臓病教室

精神的な交流と手先の訓練のための様々な教室
・七宝焼教室:すてきな作品がいっぱいできています、手先の訓練にもってこいです
・書道教室:皆さんとってもすばらしい作品です。上達が目に見えています!
・手芸:不定期にかわいい小物を作っています
・コーラス:腹式呼吸の訓練にもいいですよ
・ボウリング教室:皆さんかっこよいですよ
・生け花教室:すてきなお花に癒されます     
     
ボタン 患者会活動の成果(患者さんから)
  ・お互いに支え合う仲間ができた。
・今まで病気のことが不安でどこにも行けなかったが、自信ができて出かけられ るようになった。
・定期的に練習に行こうと思うと生活にハリが出てきた。
・ニュースなどで自分の意見や文章が発表でき楽しみである。
     
ボタン 『生きがい療法』演劇活動  
  同病院の患者さん、ボランティアで結成された劇団です。1992年7月に八尾市が舞台となる人情話『桜屋敷』を公演し、現在は第4回公演おんがくおとぎばなし『鷺舞』の練習に日夜励んでおります。
− 団員数 28名 −
ボタン 患者会活動の成果(医療側から)
  ・患者さんが生き生きと積極的になった。
・意見もはっきりと言えるようになり、意思疎通がよくなった。
・皆でいろんなものを作り上げていくとき地域の中での連帯が出来てきたように思われる。
     
ボタン 患者会活動の成果(患者さんから)
  ・お互いに支え合う仲間ができた。
・今まで病気のことが不安でどこにも行けなかったが、自信がつき出かけられるようになった。
・定期的に練習に行こうと思うと生活にハリが出てきた。
・ニュースなどで自分の意見や文章が発表でき楽しみである。

Top


医療法人 松尾クリニック

Copyright (C) Matsuo Clinic. All Rights Reserved.